2010年12月25日土曜日




















昨日の山の降雪、今日も大雪の可能性と聞き、評判の低山へ。
...だが予想以上の寡雪、笹が埋もれていない。

ひとつの山の登りを中断、スキー場跡地の北斜面に向かう。
こちらも枯れ草が突き出している。
山頂には届かず、植樹記念碑から滑り始める。

しかし、これが予想外の良雪。
 下地の安定。 クリーミーな新雪。
 もったいないほどの快適さを味わう。

  video

白い大地の広がりの眺めが素晴らしい。









 高原の牧場

http://asahidakedaisetsu.blogspot.com/2010/12/blog-post.html

2010年12月20日月曜日

スキーはじめ






小屋の中には隙間風が持ち込んだ雪が山をなす。









夕方になって晴れる。
 見事な映日現象。
  扇形、と知る。








同行の二人以外、辺りにだれも見ない。
水平線は鮭の腹身の色。










月は東、尾根の向こうに出る。
もう黄昏どきだ。

2010年12月19日日曜日

インドアクライミング



 雪も氷も中途半端なこの時期、クライミングへの餅兵衛tionがサージする^∩^。
少々遠いが、この地方都市周辺では最も見栄えのするロープクライミングのための施設だ。

 水曜夜のこの日は地元だけでなく、十数名。にぎわっていた。

 初心者数名と、初心者レベルを脱しないクライミング歴20余年のレミファソラ素人。
 落ちたら止めてくれるか、ロワーダウンが大丈夫だろうか。
続けて登れる体ではなく、もう1手を粘る気力に欠ける。 

とはいえ、楽しい。 「また、行こう」 「また、どこかで」